湿度の最適レベル

ヒュミド-ル内でシガーは68-74%ぐらいの湿度で保存されているべきです。 一般的にこの気候でシガーは一番良く発達し、より良い火の燃え方をします。64°F (18°C)の温度と70%ぐらいの湿度では 空気は1平方メートルごとに約10グラムの水を含んでおります。このような環境ではシガーはもっとも最適な重量の14%の湿度を吸収するはずです。

乾いたシガーはとても繊細でよりシガーの自然な湿度が保たれていないため早く燃えシガーはより強引な少々苦い味をします。

逆に湿っているシガーは均等に燃えず、重い酸味のアルミ味がします。

愛好者の中ではこのようなシガーの味の違いを好むものいるためわざとより乾いた又は湿った環境にシガーを保存する場合もあります。 65-75%の間ではシガーは長い間保存できます。80%以上の湿度になった場合、シガーは腐り、カビが生えてしまいます。

スポンジ又は アクリルポリマーのヒュミドール

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 3.5/5 (99)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*