スポンジ又は アクリルポリマーのヒュミドール

最近まで全ての加湿器は同一で単純なメカニズムを使用していました。$1000のブランド品のヒュミドールや$60の無名のヒュミドールにかかわらず、スポンジの入ったプラスチックや金属のケースを加湿器としてきたのです。加湿器製造元の最大手はフランスのクレドという会社だったため、クレドはスポンジベース加湿器の代名詞ともされています。また、このタイプの加湿器製造があまり難しくない事から、東南アジアの製造元にコピーされ、同じ性能でクレド社よりも破格の値段で売り出されたこともありました。スポンジを使用した加湿器には、性能を高めるプロピレングリコールを使用した特別な溶液を使用することが推奨されています。

近年、様々な加湿方法が試行されてきましたが、それは通常ヒュミドールを購入された人々の犠牲の上に成り立っていました。有名な製造元でも、初期の加湿器を使用し、試験にかかる膨大な時間を惜しんでいたためです。最近ではスポンジ加湿器に代わり、アクリルポリマーを使用した加湿器がたくさんのヒュミドール製造元で広く使用されるようになって来ました。”Cigar Keeper”として知られ、アメリカで製造されるこれらの加湿器は、適したポリマーの使用で70-72%の湿度を維持し、スポンジ加湿器より素早く湿度の変化に対応することが出来ます。現在では他の製造元も同様の加湿器を販売しており、時には同一の名前を使用することから、適したポリマーが全ての加湿器に使用されているかどうかの確認が難しい状況となっています。加湿器に使用される高品質のポリマーは大量の水分を吸収することが出来ますが、水を加える場合には蒸留水のみを使用するようにして下さい。また、新しく購入されたアクリルポリマー付きヒュミドールは、2日ほど経たないと湿度レベルが安定しないことに注意してください。安定した湿度を維持し、管理に手がかからない、スポンジ加湿器に比べ、微生物や細菌の繁殖率も低くなっているという点から、アクリルポリマー加湿器の使用をお薦めしています。しかしながら、細菌などの繁殖を完全に排除することは不可能ですので、どのタイプの加湿器を使用される場合でも2年おきに交換するようにして下さい。

Adorini は、高品質アクリルポリマークリスタルを使用した、世界を先導する加湿システムの Adorini デラックスプレミアム加湿器 を提供しています。自然に適合するアクリルポリマーの性質と、開閉を制限できる加湿器本体の窓とで細かい湿度調節が可能です。スポンジ加湿器はプロピレングリコール剤が適切に使用されていれば、充分な湿度を保つことが出来ます。 (プロピリレン・グリコール剤) アクリルポリマーベースのヒュミドールは常に一定の湿度を保ち、開閉の際の湿度のちょっとした低下にすぐ対応できる機能を持っています。アクリルポリマーを使うことによって雑菌の繁殖が防げるため、長い目でみればアクリルポリマー加湿器は高価ですが、特別なプロピレングリコール剤を購入する必要性を省くためより経済的であるということが出来ます。

加湿器の液体へ

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 3.7/5 (53)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*