正しいリキッド-プロプリングリコールの特別な効果

新しいアクリル加湿器 (Adorini デラックスプレミアム加湿器のような) は蒸留水のみを使用するべきです。プロプリン剤をアクリルポリマー加湿器に使用してしまうと湿度性能の低下につながる可能性がございます。従って以下の説明はスポンジベースの加湿器のみに通用いたします。

以下の二つの種類の液体がスポンジベース加湿器に使用されるべきです:

  • 蒸留水 (自動車部品店や薬局などで売買されています。)
  • 特別剤-プロプリングリコール剤50%と蒸留水 50%

プロプリングリコールは無色無臭の液体でヒュミドール使用の際にとても効果的な機能が2つございます。まず第1に、カビと菌の繁殖を防ぎます。第2に、プロプリングリコールは70%以上の湿度を吸収し、それ以下は湿度を吐き出す作用を果たす加湿機の内面にに薄い膜を作ります。従って加加湿器は自動調整型であり、自然に湿度を安定化させ最適湿度の70%を保ちます。この薄い膜?、初めは最適湿度レベルに達するまでには数日かかるかもしれません。

プロプリングリコールは 1.2 Propanediol としても知られています。 しかしながら絶対にエセリ-ングリコール(グリコールとよく呼ばれている)と間違えないで下さい。プロプリングリコールの鮮度は食品品質規準を満たしていなければなりません。

蒸留水は普通の水道水に比べ利点は石灰化とカビから守ります。水道水の中には鉱物が入っておりこれは加湿器のスポンジの穴を塞いでしまうことがあります。 それに加え、水道水は塩素とばい菌も含んでいるため、ヒュミドール内の香りを害し、カビにつながる可能性もでてきます。

入れ換え-どれぐらい頻繁にへ

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 4.0/5 (60)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*