ベニヤ又は堅い木での作成

ヒュミドールを作成するには2つのタイプがあります:

1)合板のベースで中敷はスペイン杉でできたベニヤ板が貼られており、外は堅木のベニヤ(よく使われるのが桜の木)で作成されております。

2)ヒュミドールのケース事態は堅木で製造され、中敷はスペイン杉でされています。 (時々ヒュミドールは中敷なしで全てがしっかりとしたスペイン杉でできている場合もあります)。

一般的な考えとは逆に堅い木のヒュミドールは必ずともベニヤに比べていいとは限りません。堅い木の方が値段的に高いがベニヤヒュミドールのほうがより構造的に難しいのです。

ヒュミドール内の湿度の方が外部しとどより高くなるため室内の木造は拡大しヒュミドールの木造の張力につながります。

ここではベニヤヒュミドールの方が中の合板は質の上昇に伴いさほど拡張しません。従ってヒュミドール内の拡張は少ないためひびや蓋の変形 はベニヤヒュミドールの方が起こりにくいです。更なるベニヤ製造の利点はラッカー・グロスの最後の仕上げが堅いベニヤによりよく 適応できます。

堅い木のヒュミドールはどの種類の木が使用されるかによって大いに違ってきます。スペイン杉でできたヒュミドールは木が非常にやわらかいためよりくぼみや既存に敏感です。

密封シールへ

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 4.0/5 (34)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*