精密度

Adorini毛髪湿度計は、針の調整が済んだ状態で出荷されるため例外となりますが、アナログの湿度計は使用する前に針の調整が必要です。配送中の事故や強い衝撃を受けた場合は、Adorini毛髪湿度計でも再び調整する必要があります。

先にも触れたように、メタルスプリングを使用した湿度計の精密度には限りがあります。ヒュミドール内部の湿度をより正確に計測することが出来るのはAdorini 毛髪湿度計でしょう。しかしながら、温度の計測に比べ、湿度の計測は精密性において劣らざるを得ません。 特別な研究室で使用している$100以上の湿度計でさえ、 + / – 2%の差が生じることを製造元は公言しています。

アナログ湿度計は年1回 調整を行ってください。メタルスプリングを使用した湿度計を標準装置としているヒュミドールの場合、特に湿度レベルの変化に注意が必要です。 アクリル・ポリマー又はプロピレン・グリコール剤を使ったスポンジベースの加湿器を使用する際は(加湿器についての説明) 、 湿度は自然に70%代に維持されるはずです。湿度レベルが低下した場合は、蒸留水やプロピレン・グリコール剤(スポンジベースの加湿器)を足してください。 葉巻を触った感触で、適切な環境で収納されているかどうかの判断が出来るでしょう。

ヒュミドールのセットアップ:”湿度計の針の調整”

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 3.8/5 (33)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*