シガーの”混合”

シガーは環境から香りを吸収します。ヒュミドールにある木の中敷のみではなく室内に保存されているほかのシガーからも吸収します。この香りの混合を防ぐために 仕切りが使用されます。完全に味の転換を防ぐためにはシガーは種類ごとに別々のヒュミドールに、もとの箱と共にいれなくてはなりません。 この味の混合を好みわざと同じヒュミドールに違う種類のシガーを数ヶ月入れる方もいます。一般的には違う強さのシガー(特に産地が違う場合)は避けるべきである。包みに入れたまま又は各自の箱でヒュミドールに入れておくことによって風味の混同を避けることができます。

“シガーを回してあげることは必要ですか”

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 4.3/5 (26)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*