シガー保存の最適温度

最適温度は64-70°F (18-21°C)とされている。それより低い温度、54°F(12°C)以下ではシガーの老化プロセスが損なわれてします。
従って冷たいワインセラーにシガーを保管することに関しては限度がございます。それと逆に75°F (24°C)以上の高温はワームの繁殖とカビにつながります。

そのため、ヒュミドールは絶対に直接日光に当ててはなりません。

“シガーの最適保存期間”

VN:F [1.9.13_1145]
Rating: 3.9/5 (51)
  • Facebook
  • StumbleUpon
  • Twitter

*